HOME > お楽しみコーナー > ハムソーものがたり > 王様のハム(その2)
 

  当組合のキャラクター、ハムソベくんとそのファミリー、そして仲間たちのプロフィールを紹介しています。
   

  キャラクターたちのオリジナル壁紙です。カワイイ壁紙に変えて、気分転換してみませんか?
 

  1つだけ願いごとの叶う「しあわせのソーセージ」と、食べてもなくならない不思議な「王様のハム」のお話です。




幸せのソーセージ その2

その日、ハムナイネ国のおしろのディナーは、
『王様のハム』でつくったハムステーキでした。
王様はニコニコしながら王女に「はやく食べてごらん」とすすめました。
ひと口食べた王女は「おいしい!」とほほえみました。
気をよくした王様はつい言ってしまいました。
「これがうわさの『王様のハム』だよ。ハムアール国からとってきたのだ」
「え!? お父様。それはあんまりだわ…」
王女はおおつぶのなみだをながし、
それきり口をきかなくなってしまいました。

王女は日に日に元気をなくし、ついにねこんでしまいました。
こまったハムナイネ国の王様は、王女が元気になるように、
おわびの手紙をそえて
『王様のハム』をハムアール国にかえしました。

手紙をよんだハムアール国の王様は、
ハムナイネ国の王女のぐあいを心配しました。
「こんなときこそ、十分なえいようが必要だろう」
王様は
『王様のハム』を半分切りわけ、
ハムナイネ国にとどけるよう、
つかいのものにもたせました。