HOME > お楽しみコーナー > ハムソーものがたり > しあわせのソーセージ(その1)
 

  当組合のキャラクター、ハムソベくんとそのファミリー、そして仲間たちのプロフィールを紹介しています。
   

  キャラクターたちのオリジナル壁紙です。カワイイ壁紙に変えて、気分転換してみませんか?
 

  1つだけ願いごとの叶う「しあわせのソーセージ」と、食べてもなくならない不思議な「王様のハム」のお話です。




このホームページでしか読めないオリジナルのストーリー「しあわせのソーセージ」を紹介します。
全部で3ページのショートストーリーです。お子様といっしょにお楽しみください。

幸せのソーセージ その1

あるところに、たいそうよくはたらく男がすんでいました。
なまえはトート。
トートは山で、きのみをとってくらしていました。
ある日のこと。山みちをあるいていると、
トートのまえにソーセージのようせいがあらわれました。
「いつもあなたのことを見ていますよ。
がんばっているあなたに、ごほうびをあげます。
これは、ねがいごとが1つだけかなうしあわせのソーセージです。
たべながら、ねがうのですよ。いいですね」
そういうと、ようせいはきえてしまいました。

しあわせのソーセージを家にもってかえってきたトートはなやみました。
ねがいごとは1つだけかぁ。何がいいかな?
冬でもあたたかい家にすみたいなぁ。
すてきなおよめさんがたずねてこないかなぁ。
うーん…。
考えすぎて、何がいいのかわからなくなってきたころ、
ぱっといい考えがうかびました。
「そうだ! うちの庭に大きな木をはやしてもらおう。
そして、一年中、いろいろなきのみが
なるようにしてもらおう」