HOME > ハムソーセージ組合とは > 情報公開

『畜産業振興事業の実施のために独立行政法人農畜産業振興機構からの補助金の交付により造成した基金の管理に関する基準』に基づく報告・公表資料

1.基金の概要(平成28年度)
基金の名称 貸付機械取得資金(食肉加工施設等整備リース事業)
法人名 日本ハム・ソーセージ工業協同組合
基金額
(農畜産業振興機構補助金等相当額)
3,052百万円(1,526百万円)(平成28年4月1日現在)
基金事業の概要 食肉加工業者等に対して、国産食肉及び畜産副生物の新規用途開発、製品等の品質・衛生管理及び環境対策のために必要な機械・装置を貸し付ける。

2.見直し結果(平成28年度)
項目 講ずる措置
実施した見直しの概要 今後とも基準に適合するように事業を実施
基金事業実施時期 新たな貸付は平成29年度まで(リース期間は35年度まで)
次回の見直し時期 平成29年度
基金の保有割合 算出した保有割合は、0.9であった。算出に用いた方式及び数値については、以下の通りである。
  基金の保有割合の算出

【算出に用いた方式】
  保有割合=直近年度末の基金額÷(貸付残高+貸付見込額−回収見込額+管理費)
        =3,052百万円÷(1,559百万円+1,900百万円−436百万円+70百万円)
【算出に用いた数値】
  直近年度末の基金残高:3,052百万円
  貸付残高(貸付機械の残存簿価):1,559百万円
  貸付見込額:1,900百万円
  回収見込額:436百万円
  管理費:70百万円

使用見込みの低い基金等の
取扱いの検討結果
使用見込みの低い基金等の該当の有無:有
基準6(1)のマル5に該当
(使用見込みの低い基金等に該当する場合の検討の結果)
使用見込みの低い基金の機構補助金相当額について機構に返納する。
その他