HOME > 組合からのお知らせ > 平成28年度 外食産業等と連携した畜産物の需要拡大対策事業の公募について


平成28年度 外食産業等と連携した畜産物の需要拡大対策事業の公募について

   
  日本ハム・ソーセージ工業協同組合は、「平成28年度外食産業等と連携した畜産物の需要拡大対策事業」の実施主体となりました。
つきましては「平成28年度外食産業等と連携した畜産物の需要拡大対策事業」に係る外食・中食・加工業者等の公募を行いますので、
本事業の実施を希望される方は、公募期間中に下記に従い御応募下さい。


  【事業の趣旨】

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉における大筋合意を踏まえ、国産畜産物の競争力を強化し、需要フロンティアの開拓を図ることにより、
攻めの農林水産業を推進することが必要となっております。このため、畜産物を取り扱う外食・中食・加工業者等を対象に、新商品の開発、
製造等を可能とする製造加工技術の開発等の取組を支援し、国産畜産物の需要拡大を通じ、我が国畜産の競争力強化を図るものです。


  【事業の概要】

技術・機械開発等実証事業
需要者における新しいニーズの調査、産地と複数年契約を締結する外食・中食、加工業者等による国産畜産物を活用した新商品の開発のための技術開発や
新商品への原料原産地表示等を支援します。


  【応募方法】

外食・中食・加工業者等は、外食産業等と連携した畜産物の需要拡大対策事業の実証事業実施要領(以下「実証要領」という。)
第7の1に基づいて、応募書類(「別記様式第2号」及び「別記様式第2号 別添」)を作成し公募期間中に下記の応募先に郵送又は持参にて提出して下さい。
実証要領
実証要領別表
実証要領 別記様式 word


  【公募期間】
決定次第記載致します。


  【応募先及び問合せ先】

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-5-6 ハム・ソーセージ会館
ハム・ソーセージ工業協同組合 業務部 宛
TEL03-3444-1523
FAX03-3441-1933
ただし、受付時間については、平日午前9時00分〜午後5時00分までとします。
  【審査方法】

公募要領に基づき、提出された応募書類について公募選定委員会による審査を行い、補助金交付候補者を選定します。


  【その他】

1) 審査過程において、資料の追加等を求める場合があります。
2) 上記に記載の無い事項については、実証要領によるものとします。