HOME > ハムソベを学ぼう > ハムソ−セージ辞典 

  世界ではたくさんの種類のハム・ソーセージ・ベーコンが作られています。
日本ではあまりなじみのない珍しいものも。各国を代表する製品を紹介します。
 

  ハム・ソーセージ・ベーコンの種類をいくつ言えますか?
次々と横に流れる画像をクリックすれば、説明文が表示されます。
 

  ソーセージの名前の由来や、ベーコン誕生の秘話など、いろいろな歴史を紹介しています。人類の歴史とともに、ハム・ソーセージ・ベーコンの歴史もあるのです。
 

  一般的なハム・ソーセージ・ベーコンの製造方法を紹介しています。普段食べているハム・ソーセージ・ベーコンは、どうやって作られているのでしょう。



下の流れる画像か、名前をクリックすれば、説明を表示します。



【ハム】
混合プレスハム   
ショルダーハム
プレスハム
ベリーハム
骨付きハム
ボンレスハム
ラックスハム
ロースハム
 
【ベーコン】
ショルダーベーコン   
ベーコン
ロースベーコン
【ソーセージ】
ウインナーソーセージ
加圧加熱ソーセージ
混合ソーセージ
セミドライソーセージ
ドライソーセージ
フランクフルトソーセージ
ボロニアソーセージ
無塩漬ソーセージ
リオナソーセージ
レバーソーセージ
レバーペースト

 
 

【ロースハム】
豚のロース肉の塊を加工したものです。日本で最も一般的なハムで、きめが細かく柔らかいのが特徴です。

【ボンレスハム】
豚のもも肉の塊から骨を外し、加工したものです。脂肪が少なく、あっさりしているのが特徴です。

【骨付きハム】
豚のもも肉を骨付きのまま整形、加工した製品で、加熱処理したものと低温で長時間乾燥させたものがあります。
  ▲トップに戻る

【ラックスハム】
豚のロース肉などを加工し、低い温度で時間をかけて熟成させたものです。通称「生ハム」と呼ばれています。

【ベリーハム】
豚バラ肉をロースハムと同様に整形、加工したもので、その切り口が非常に特徴的です。

【ショルダーハム】
豚肩肉をロースハムと同様に整形、加工したもので、赤肉が多い製品です。
  ▲トップに戻る

【プレスハム】
豚肉と牛肉などを混ぜてひと塊にし、加工したものです。ハムのように1つの肉塊からできたように工夫したもので、日本オリジナルの製品です。

【混合プレスハム】
畜肉を主原料とし、魚肉を加えてプレスハムと同様の製法で作られたものです。

 


  ▲トップに戻る
【ベーコン】
豚のばら肉の塊をくん煙したものです。脂肪のうまみが特徴で、ベーコンの代表ともいえる最も一般的なものです。

【ショルダーベーコン 】
豚の肩肉の塊をくん煙したものです。脂肪がほどよくあり、肉のうまみがしっかりしているのが特徴です。

【ロースベーコン】
豚のロース肉を整形、塩せきし、くん煙したものです。


  ▲トップに戻る

【ボロニアソーセージ】
ひき肉などを調味し、牛の腸に詰めて加工したものです。人工のケーシングに詰めた場合は、製品の太さ(直径)が36mm以上のものです。

【ウインナーソーセージ】
ひき肉などを調味し、羊の腸に詰めて加工したものです。人工のケーシングに詰めた場合は、製品の太さ(直径)が20mm未満のものです。

【フランクフルトソーセージ】
ひき肉などを調味し、豚の腸に詰めて加工したものです。人工のケーシングに詰めた場合は、製品の太さ(直径)が20mm以上36mm未満のものです。
  ▲トップに戻る

【リオナソーセージ】
製法はボロニアソーセージと同じで、グリンピースなどの種ものが加えられたものです。

【ドライソーセージ】
ひき肉などを調味し、ケーシングに詰めて、水分が35%以下になるまで乾燥させたものです。サラミソーセージはこの仲間です。

【セミドライソーセージ】
製法はドライソーセージとほとんど同じですが、加熱してから乾燥の具合をやややわらかめに仕上げたものも含まれます。
  ▲トップに戻る

【レバーソーセージ】
家畜の肝臓を畜肉と脂肪にねり合わせ、加熱したものです。

【レバーペースト】
家畜の肝臓と脂肪を糊状にねり合わせ、くん煙、加熱したものです。

【加圧加熱ソーセージ】
ソーセージのうち、120℃で4分間加圧して加熱したもので保存性に優れています。
  ▲トップに戻る

【無塩漬ソーセージ】
原料を塩せきしないで製造したものです。

【混合ソーセージ】
畜肉を主原料に、魚肉を加えたソーセージです。