HOME > ハムソーを学ぼう > ハムソー史

  世界ではたくさんの種類のハム・ソーセージ・ベーコンが作られています。
日本ではあまりなじみのない珍しいものも。各国を代表する製品を紹介します。
 

  ハムやソーセージの種類をいくつ言えますか?
次々と横に流れる画像をクリックすれば、説明文が表示されます。
 

  ソーセージの名前の由来や、ベーコン誕生の秘話など、いろいろな歴史を紹介しています。人類の歴史とともに、ハム・ソーセージの歴史もあるのです。
 

  一般的なハム・ソーセージ・ベーコンの製造方法を紹介しています。普段食べているハム・ソーセージ・ベーコンは、どうやって作られているのでしょう。






紀元前15世紀頃

中近東のバビロニア地方でソーセージが作られる

紀元前7世紀頃
ホメロスの「オデッセイア」にソーセージが登場

4世紀中頃
ローマ皇帝がソーセージ禁止令を発令

11〜13世紀頃
十字軍の遠征でヨーロッパに香辛料がもたらされる

12・13世紀頃
ほぼヨーロッパ全域でハム・ソーセージが作られるようになる

14世紀頃〜16世紀頃
ルネサンスの頃、今日のハム・ソーセージの原型ができる

18〜19世紀
農業革命で家畜の生産性が向上

19世紀後半
冷蔵技術の発達により加工技術が進歩

1872年(明治5年)
長崎の片岡伊右衛門が米国人のペンスニより食肉加工を伝授され、工場を建設して製造を開始

1873年(明治6年)
北海道開拓使庁がハムの試作に着手

1874年(明治7年)
英国人ウィリアム・カーティスが鎌倉郡でハム・ベーコンの製造を開始

1887年(明治20年)
齋藤満平、益田直蔵らが鎌倉郡で本格的な食肉加工業を開始。後に「鎌倉ハム」として広く知られる

1918年(大正7年)
飯田吉英がドイツ人のカール・ヤーンよりソーセージの製法を伝授される

1921年(大正10年)
東京都品川区大崎で創業したアウグスト・ローマイヤが日本で初めてロースハムを造る

1922年(大正11年)
明治食料株式会社がマイスター、へルマン・ウォルシュケを豚肉製品主任として招聘

1925年(大正14年)
マイスター、カール・レイモンが函館でハム・ソーセージ事業を開業

1939年(昭和14年)
(社)大日本豚肉加工協会〈現・(一社)日本食肉加工協会〉設立

1949年(昭和24年)
日本食肉加工業協同組合〈現・日本ハム・ソーセージ工業協同組合〉設立

1962年(昭和37年)
食肉加工品の日本農林規格(JAS)制定告示

まだ狩猟が盛んだった時代に、獲物は塩漬けにすることで長く保存ができることを古代の人たちが知ったのが、ハム・ソーセージのはじまりです。飢えをしのぐために工夫した保存食が、現代の食卓を飾っているなんて、なんだか不思議ですね。
  ある説によればベーコンは、紀元前数世紀頃、海賊が活躍していたデンマークで誕生したそうです。長い航海には保存食が必要ですが、船の上では料理が難しく、塩漬け肉を火であぶって貯蔵していました。ところがあるとき薪が湿っていて、塩漬け肉がほど良く煙でいぶされることに。いぶされた塩漬け肉は、味が良くなり、長く保存できることがわかりました。これがベーコンの原形になったといわれています。

 
聖地エルサレムをとり返すべくイスラム諸国へ出かけていった十字軍は、東方から珍しいものをたくさんヨーロッパに持ち帰りました。そのひとつが香辛料です。この香辛料によって、ハム・ソーセージの味と保存技術が飛躍的に向上し、ヨーロッパにおけるハム・ソーセージ作りは、ますます盛んになりました。
  ソーセージの語源は、「塩漬け」を意味するラテン語の「salsus」に由来するとも、英語のSow(雌豚)とSage(セージ)からともいわれています。ちなみに、ソーセージについて書かれた最も古い文献といわれているのが、古代ギリシャのホメロス作「オデッセイア」です。また、サラミの語源は、今から約3,000年前に存在したエーゲ海の「サラミス」という都市の名前といわれています。

 
1921年、第一次世界大戦時にドイツ人捕虜として日本の収容所に連れてこられたローマイヤーは、当時の中華料理店で使用されなかった豚のロース肉に目をつけました。そして、これを活用して日本人の好みに合ったハムを作り、ロースハムとして広めました。今では、日本で一番人気のあるハムになりました。
  日本では、仏教伝来以降、しばしば肉を食べることが禁止されたこともあり、食肉加工の文化はほとんど発達しませんでした。日本でハム・ソーセージが初めて製造されたのは明治維新前後の長崎。その後、外国から学ぶことで少しずつ広まっていきました。とはいえ、一般家庭の食卓にのぼるようになったのは昭和30〜40年になってから。日本人にとってハム・ソーセージはずっと高級品だったのです。