HOME > ハムソーセージ組合とは > 業界の取り組み

  組合の取り組み

●環境に関する取り組み

当組合は2003年7月(平成15年)に食肉加工業界における「環境自主行動計画」を策定し、その実施状況等については毎年調査を行ない公表しております。

1.2012年度までの目標

2003年から2012年までの間にCO排出原単位をおおむね5%程度削減することを目標としています。

・廃棄物対策
2003年度から2012年度までの間にハム・ソーセージ・ベーコンの製造工場における廃棄物の排出量をおおむね8%程度削減するとともに、再資源化率をおおむね90%とすることを目標としています。

実施状況について、詳しくはこちらをご覧ください。 【2012年度】2011年度】2010年度】【2009年度】【2008年度】

2012年度の報告をもって目標の終期を向えたため、新たに、2030年度を目標年度とする環境自主行動計画を策定しております。

2.2030年度までの目標

・温暖化対策
エネルギー消費原単位を毎年1%改善していき、2030年度には基準年度(2011年度)比で17%以上改善します。 ただし、今後のエネルギー事情が不透明であるため、5年後を目途に見直しの議論を行います。

実施状況について、詳しくはこちらをご覧ください。 【2013年度】【2014年度】【2015年度】



  ●コンプライアンスに関する取り組み

当組合は、業界におけるコンプライアンス(法令遵守)体制の確立、徹底を図っております。一般社団法人日本食肉加工協会及び日本ハム・ソーセージ工業協同組合の役員会の総意として、豚肉の輸入に当たっては適正な手続きを行うこと、食肉の購買に当たっては、関係法令違反のおそれのある食肉を購買することのないよう対応することなどの申し合わせを行いました。

詳細はこちらをご覧下さい。


食品の偽装表示等、消費者の信頼を揺るがす食品企業による不祥事が発生し、食品業界全体に対して消費者の不信が増幅しかねない状況から、食肉加工業界においても、より一層の関係法令の遵守及び社会倫理に適合した行動が求められています。このため、一般社団法人日本食肉加工協会及び日本ハム・ソーセージ工業協同組合は「食肉加工団体の信頼性向上自主行動計画」を策定し、食肉の安全や品質を確保し、消費者から信頼され続けるようになるよう努めています。

詳細はこちらをご覧下さい。